紙とどう違う?「タブレット学習」と「紙で勉強」の効果の違いって?

2020年3月12日

IT化が進む現代では、学校の授業や塾の授業でノートではなくタブレットを使った学習が多いです。

タブレットを使って本当に勉強になるのか、理解できるのか、暗記できるのか等思うこともあるでしょう。

現代の大人は学生時代タブレット学習をしてこなかったので、身をもって体験していないので不安なポイントも多くあることでしょう。

しかし、使い方によってはタブレット学習はノート学習よりも効果を発揮することもあります。

逆をいえば間違った使い方をすると効果は発揮できず、『やり損』になってしまうこともあります。

そこで今回はタブレット学習の有効的な使い方と、勉強による使いわけをご紹介していきます。

・タブレット学習とノート学習の使い分けが効率よく勉強コツ!

タブレットの方が勉強しやすいからといって、タブレット学習だけに偏るとかならず落とし穴におちます。

それぞれの利点を生かして学習していけばより良い結果となることは間違いありません。

タブレット学習の有利、不利とはどのようなものなのでしょうか。

・基本的に暗記系はノート学習に限る

漢字や英単語、社会科等覚えることが多いものに関してはノート学習が最も有効です。

実際にノート上に文字として残ることによって記憶に埋め込まれることは科学的にも実証済みです。

タブレット上でみるだけや、少々かいたからといってすぐに覚えられるわけでもなく、もしも覚えられたとしても記憶としてはすぐに飛んで行ってしまうこともあります。

ただし、全てをノートで、というわけではなく、タブレットを参考書や教科書代わりに使い、覚えるまでノートに書き出すというのが効率が良いでしょう。

さらに暗記後のテストや確認はタブレット上で行うこともできるので、そちらは有利に活用し、使い方をうまく区別することをお勧めします。

また、近年ではスマホやパソコンの普及により漢字が書けない人間が増えています。

大人も子供も関係なくそのようなことにならないようにしっかりとノートに書くことも重要です。

・解くだけの問題はタブレット上で

数学や一部の理科、その他小テスト関係はタブレット上で行うことで効率よく進めることができます。

また、タブレット上の機能を使えば、間違った問題や苦手な問題がインプットされ、苦手克服の為の反復学習にも使用することができる大変便利なツールとなります。

ただし、計算問題の計算過程の式はノートに書き込んでみても良いしょう。

タブレット上ではスペースが足りなくなるだけでなく、答え合わせ後、間違っていた場合にどこが間違ってしまったのかを見直すことができるからです。

このようにタブレットとノートを並行して使用することによって効率的に学習をすることができるのです。

・最新技術と従来の学習法の利点をうまく使いこなすことが成績向上のポイント

最新技術でも、従来の勉強法でもそれぞれのメリットデメリットを抱えています。

最新技術だからといって、すべてをカバーしていることは全くありませんので、上手く付き合っていくことが大切なことになります。

ただし、子供からすると、タブレットで学習したほうがラクな気持ちになることや、楽しい気持ちになることがあるので、親や教師が決めごとを決めてから子供に与えると良いでしょう。

タブレットでできることとノートでできる区別を丁寧に教えてあげてください。

また、タブレット学習の一つで、インターネット個別指導塾という塾もあります。インターネット個別指導塾では、インターネット上で授業を受けることができるので、タブレットひとつで授業が受けられます。

その中で質問や、会話をして授業を進めていくので勉強もたのしくなるでしょう。

タブレットと上手に付き合って、成績向上を目指してみてはいかがでしょうか。

岐阜の関塾進学ゼミ島校は、一味違う。
まずはホームページをご覧下さい。在宅で「インターネット個別指導」では通塾する時間・手間を省き、自宅に居ながらの勉強できるサービスですので、送迎も不要です。通学圏内、圏内外どちらの方にもおすすめです。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。



関塾進学ゼミ島校
〒502-0912 岐阜県岐阜市西島町3-20
tel: 058-296-2161